双眼鏡 PR

ライブに最適!相模女子大学グリーンホールのおすすめ双眼鏡【3000円台で購入できます】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ライブで推しの全身を余すことなく見るのに必須アイテムの双眼鏡。

「おすすめってどれなの?」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は私一押しの「コンサートのために作られた双眼鏡」から、安価な価格で手に入る「Bornet」まで3つに絞ってご紹介します。

相模女子大学グリーンホールの双眼鏡が知りたい人には参考になると思います(^ ^)

順位商品名値段
倍率
特徴見た目
1位コンサートの
ために本気で
作られた双眼鏡
3,780円
10倍
メガネのまま使える
2位SV-214,250円
10倍
ジャニーズファン内で大流行
3位Bornet2,500円
12倍
Amazon人気1位

相模女子大学グリーンホールで使用する双眼鏡の推奨倍率は?

おすすめの商品を紹介する前に、相模女子大学グリーンホールで使用する双眼鏡のおすすめの倍率を紹介します。

相模女子大学グリーンホールの収容人数は約1,790人の多目的ホールです。縦長で1階席・2階席で構成されています。一階席の後ろ半分と2階席が被さっているような配置となっています。

双眼鏡のおすすめ倍率は、基本的には以下の倍率で選ぶと良いでしょう。

  • 1階席:前方なし。中央より前は6〜8倍。後方は10倍
  • 2階席・3階席:8〜10倍

1階の後方は表情はハッキリ見えないので双眼鏡はあったほうが良いですね

細かい表情が見たい人は双眼鏡必須

相模女子大学グリーンホールでオススメの双眼鏡

双眼鏡を購入するときは以下の点に気をつけましょう。

  • レンズの大きさ(大きいほど明るい)
  • 倍率は6~10倍

双眼鏡の明るさは取り込む光が大きいほど明るく見えるため、レンズが大きいほうが明るく見えます。

ですのでレンズ径が25mm以上の物を選びましょう。1,000円台の双眼鏡は大体がレンズが10mm台になりますので気をつけてください。

倍率は下記の計算式で見え方が求められます。

ステージまでの距離÷倍率=双眼鏡から見たステージの距離

つまり100mの距離が10倍双眼鏡を覗くと10mから見た風景が見えるということになります。

ステージに近いのに10倍双眼鏡を使用すると逆に見づらくなるためお気をつけください。

ライブは何かとお金がかかり大変だと思いますが、推しを鮮明にみるためにはある程度投資が必要です。

おすすめ双眼鏡

筆者のオススメを3つ紹介します。

レンズが大きい双眼鏡は明るく見えますが、サイズも大きい&重くなるのでじっくりみたい人向けです。

激しく動きたい人は軽い双眼鏡の方が快適に過ごせます。

紹介する3機はライブの過ごし方を考慮して次の特徴があります。

  • コンサートのために本気で作られた双眼鏡:軽くてよく見える。眼鏡の上から使える私の愛用機
  • SV-21:重い。レンズが42mmで明るい。ジャニオタを唸らせた名作
  • Bornet:安い・軽い・Amazon人気1位商品

眼鏡ユーザー最強:コンサートのために本気で作られた双眼鏡

商品名コンサートのために本気で作られた双眼鏡
倍率10倍
大きさ10.5×11.5×3.5cm
重さ244g
対物レンズ有効径25mm
値段3,780円程度

一番おすすめしたいのが、筆者が5年間愛用している『コンサートのために本気で作られた双眼鏡』です。

Amazonでは常に双眼鏡人気ランキングTOP5以内、1カ月間に1,000個以上売れています。

何が良いかというと、眼鏡をつけたまま装着できるように設計されているところ!覗くたびに眼鏡を着脱するストレスが全くなく、自由気ままに使うことができます。

倍率は10倍でどのコンサート会場でも通用する倍率となっています。

コンパクトでかさばらないし、付属の持ち手つきの収納袋は使い勝手が良いので気に入っています。

欠点があるとすれば244gと携帯よりも重いこと。100g台じゃなきゃ嫌という人には合わないかもしれません。

でも多少重くても綺麗に推しを見たい人にはオススメの双眼鏡です。

\累計売上個数30,000個/

5年愛用!コンサートのために本気で作られた双眼鏡の感想【レビュー】 ライブ参戦、ワクワクしますよね!でも、初めてのライブで双眼鏡選びに迷っていませんか? 私も同じでした! ライブ初心者の私が...

②SV-21:ジャニオタ絶賛の神双眼鏡

どんな人におすすめ?

  • とにかく明るさを求める方
  • ジャニオタが唸るほどの双眼鏡を使いたい方
  • スペック重視の方

SV-21のオススメポイント

なんといっても、『42mmの対物レンズで明るくクリアな視界』で楽しめるというところが魅力ですね。

レンズが大きいほど取り込む光が大きくなるため他のコンパクトな双眼鏡に比べて圧倒的に明るく見えます。

倍率も10倍あり、ジャニオタから『櫻井くんのピアノの楽譜まで見えた』『4,250円とは思えない性能の高さ』とお墨付きの評価を得ています。

最大のデメリットはとても重い、、、576gと初心者にはかなりしんどい。

低価格で高性能な双眼鏡でライブを満喫したい方には非常におすすめです。

③Bornet

どんな人におすすめ?

  • Amazon人気1位を購入したい方
  • 軽い双眼鏡を求める方
  • 安くて良い品を求める方

Bornetのオススメポイント

Bornetのオススメポイントはなんといっても『安い』『軽い』『よく見える』、、、2,500円で258gなのに倍率は12倍と、どのライブ会場でも通用するスペックです。

デメリットは対物レンズが22mmと上記で紹介したものより少し小さく、暗く見えること位でしょうか。

Amazonで月に2,000個売れているのも納得の大人気双眼鏡です。

まとめ:求める楽しみかたで双眼鏡を選ぼう

相模女子大学グリーンホールでおすすめの双眼鏡3選をまとめましたが、基本的には自分のライブの楽しみ方に合うかどうかなので、Amazonにの口コミを見に行きましょう。双眼鏡で後悔する人は事前の準備不足が原因の場合がほとんど。

つまり、最初からちゃんとリサーチしておけば損はしないですよね。Amazon口コミは無料なので、まずは比較しつつ決めましょう。

お勧め①コンサートのために本気で作られた双眼鏡:メガネ筆者が5年愛用したお勧め機

②SV-21:ジャニオタを唸らせたハイスペ双眼鏡

③Bornet:Amazon1位。安さ・軽さが人気の秘訣

失敗しない!ライブの双眼鏡の選び方とお勧め3選【5年愛用機が最高】 双眼鏡ってどれが良いんだろ?多すぎてどの双眼鏡が良いのかわからない…ライブで推しの表情やパフォーマンスを余すことなく味わいたい。ライ...